視力を回復

レーシック手術は生命保険が使える?

自由診療であるレーシック手術は、健康保険の対象外であるため自費診療となります。
しかしながら、生命保険会社によっては給付の対象となる場合があるようです。
レーシック手術についてなどはこちらのサイトをご覧ください。

給付金額は生命保険会社によって変わりますが、おおよそ3万円~10万円が相場のようです。
ご自身が現在加入している生命保険会社に確認してみるだけでも損はないでしょう。

ちなみに生命保険会社に確認する際は「レーシック手術」ではなく、正式名称である「レーザー角膜屈折矯正手術」で確認しましょう。
もしも給付の対象であるならば、保険会社から給付金申請用の診断書をもらい、医師に診断書の作成を依頼し(クリニックによっては診断書費用がかかる場合もあります)、手術後に保険会社へ支給を申請すれば給付されます。

注意点としては、レーシックを受けるためだけに生命保険に加入することが出来ないというところです。
大手の生命保険会社はレーシック手術を給付の対象としておりますが、加入してから数年経過している加入者のみを給付対象としているようです。
保険会社にしてみれば、レーシック手術の直前に加入して手術後にすぐに解約されては商売にならないので当然と言えます。
保険会社もそもそもレーシック手術が流行することを想定していなかったのでしょう。

新しい保険からはクオリティー・オブ・ライフの観点からのレーシック手術は給付の対象外としたり、なかにはレーシック手術そのものを給付対象からはずしている保険会社もあります。
今後はレーシック手術がますますメジャーになるにつれて給付の審査がますます厳しくなっていくことが想定されます。
既に保険に加入していてレーシック手術を検討されている方はいまのうちに手術をして早めに申請をした方がよいかもしれません。

なお、レーシック手術のためだけに生命保険に入ることは告知義務違反により既に入っている生命保険までも外されたりといったリスクがあるのでやめておきましょう。

手術を考えている方はまずレーシックの正しい知識について学びましょう。

Menu