視力を回復

レーシックで失敗したらどうする

どの病院のホームページを見てもレーシック手術に失敗することはない、あるいは万が一視力が低下してしまった場合には再手術を無料で保証するといったことが記載してある一方で、
レーシック手術後に視力が著しく低下して戻らなかったりその他の心身の不調等の症状をかかえる「レーシック難民」がいることも事実です。
失敗すると怖いレーシック手術について詳しくはこちらをご覧ください。http://xn--pckp0b6k2c.tk/

これらの人々に共通している原因は、「過矯正」と「左右の視力のアンバランス」の2つです。
まず「過矯正」とは、読んで字のごとく視力を過度に矯正しすぎることです。
過ぎたるは及ばざるごとしという言葉があるように、視力を高め過ぎることは度数が強過ぎる眼鏡をかけるのと同じことです。

目の調整機能には限度があり遠視状態の人が近くを見続ければ、目の調整筋に過度の負担をかけることになります。
この状態が続くと、疲れ目、頭痛、肩こり、目眩、吐き気、倦怠感、鬱病といった自律神経系の疾患を引き起こしてしまいます。

次に「左右の視力アンバランス」は、利き手があるように目にも利き目、つまり優位眼というものがあります。
それをレーシック手術によって無理に左右同じ視力にすることによって、非優位眼に過度の負担がかかってしまいます。
結果として、遠近のバランスが崩れたり距離感がつかめなくなったりといった効き目の逆転現象が起こります。

そのアンバランスをもとに戻そうとして目の調整筋には常に負担がかかり続けます。
その結果、「過矯正」と同じように自律神経系の疾患を引き起こすのです。

これら2つは、視力検査や屈折データ検査において数値では現れないために、医師が見過ごしてしまったり、医師に症状をうったえても対処してもらえないことある点が問題です。
現時点での対処としては別の医師に診察してもらい再手術を受けるか、コンタクトレンズもしくは眼鏡をかける以外に対処法は無いようです。

再手術になればさらにお金がかかるうえに角膜にも少なからず負担がかかります。
眼鏡やコンタクトをつけなくてすむことが目的でレーシック手術をしたのに、眼鏡やコンタクトレンズで症状を緩和するというのはなんとも皮肉な話です。
レーシックの体験談はこちらをご覧ください。

費用の安さばかりに目を奪われることなくレーシック手術には熟練した医師を選ぶことが肝心です。
失敗例なども多くみられるにもかかわらず、人気がある理由はこちらのレーシックの魅力のサイトをご覧ください。


とにかく術後は注意すべきことをしっかり守ることが大切です。
こちらの記事http://www.arizonasaves.org/c8.htmlも参考に是非ご覧ください。

Menu